--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005-09-19(Mon)

『チャーリーとチョコレート工場』

見ました!!

・・・もぉなんていうか、この一言に尽きますね。


すごく面白かった!!!

やっぱりティム・バートンの映画は大好きです。
って、全部見てるわけでもないので偉そうですが^^;
シザーハンズとかナイトメアビフォアメリークリスマスとか。
ちょこっとダークなメルヘンな感じが大好きで。
でも、その雰囲気だけで終わらせてるのでなく
ちゃんとお話も確立させているところが凄いと思います。

以下、ネタバレ感想ですので
これからご覧になられる方はご注意くださいませ!


●感想●

しょっぱなから、チャーリーの傾いた家にやられましたw
ホントにあーいう感じのを作らせたら天才ですね!!
ディズニーランドのホーンテッドマンションとか
アダムスファミリーとか大好きなので
是非あーいう家に住みたいです、いくら斜めであろうともw

そして家族がでてくるわけですが
みんなのあたたかさに感動しました。
家族みんながあたたかい心を持っていて・・・
決して贅沢な暮らしではないけれども
幸せの大きさってお金の多さではないよと、思わされました。

チョコがおじいちゃんのへそくりであたらなかったのが
ちょっと悲しかったのですが^^;
でも、世の中そんなに甘くないよーということなのでしょうかね★

そしてそして、でましたね。
ティム・バートンの「イッツアスモールワールド」嫌いw
最初は、「あれ?こういうの嫌いでないのかな?」と思ったのですが
前言撤回、やってくれましたね。
そして、ウォンカさん大喜びで登場w
で、一言。



「やっぱり

フィナーレが最高だよね」





こういう雰囲気ツボなので、たまりませんでした。
(それにしてもウォンカの服素敵ー、
ジョニー・デップかっこいー!
エンジ色のジャケットがほしぃw)


そして工場見学なわけですが
ここで、影の主役ともいえるかたがたの登場です。


ウンパ・ルンパ


この映画の全てと言っても過言ではないと・・・(ぇw
最後までわらかされました。ティム、あなた天才ですよ。



工場を進んでいくうちに、皮肉たっぷりに紹介される子供たちと
じょじょに明かされるウォンカの過去。
(世界国旗館と、帰ったら本当に家がないのは最高でしたw)
前情報だけだと、
「チャーリーがお菓子工場行くからなんなのだ?」
くらいにしか思っていなかったのですが
確かにこの映画は、深くまで紹介してしまったらつまらないですね!



最後まで残ることのできた子供は
純粋なチャーリーだったのでした。
ウォンカはこの工場見学で
彼の後継者に相応しい人物を探していたのです。
工場を譲ってもらえることにチャーリーは大喜び。
でも、ウォンカは言います。
「君とボクとでやるんだ」と。
チャーリーは聞きます。
「家族はどうするの?」
「家族なんて足手まといなだけだよ?」
「・・・ぼく、家族が一緒じゃないならいかないよ」
「なんで?家族なんて邪魔なだけじゃないか!
なんでも、ぼくのしようとすることの邪魔をするし・・・」
「それは、きみを愛しているからだよ」


ここが・・・とても好きです。
この映画の核となる部分ですね。


こうしてチャーリーに諭されたウォンカは
意を決して、苦手であった父親に会いに行きます。
父親のところに行くと
連絡などはとっていなかったものの
ウォンカを心配していたことがひしひしと伝わってくる
壁に貼られた新聞記事、スクラップ帳・・・。


そうして、家族のあたたかさを知る少年と
家族のあたたかさを思い出した天才ショコラティエは
幸せに、甘く素敵なお菓子を作りつづけましたとさ。



って、ナレーション

ウンパ・ルンパだったんかーいw




以上、すごくはしょった感想になってしまいましたが
だって、感動したこと全部書いたら
大変な多さになってしまうのでw

もう一回みたいと思えた映画は
久しぶりでした。
おもしろくて、あったかい。
本当にこの映画に出会えてよかった。
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

チャーリーとチョコレート工場

ずっと楽しみにしていた『チャーリーとチョコレート工場』を見て来ました。ああ、待ってる間長かったな♪だって、だって、ティム・バートンですよ?ティム・バートンってだけでも

チャーリーとチョコレート工場

映画の『チャーリーとチョコレート工場』を見てきました!原作の本は知らなかったんですがジョニー・デップが出ていて、監督がティム・バートンと聞いて見てきましたよ!字幕がよ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

はじめまして

トラバありがとうございます。こちらからもトラバさせていただきますね。

チャリチョコは本当に最初から最後までにやにやの止まらない最高の映画でした。こんなに楽しめた映画は本当に久しぶりでした。是非もう1回みたいですね!

初めまして。シギといいます。
トラックバック有難う御座いましたー。私の方からもトラバさせてもらいますね。

チャーリーとチョコレート工場面白いですよね!
ウンパルンパは私もお気に入りです。ナレーションをしていたのには驚かされました。
最後には家族の温かさがとても身にしみます。
本当に良い映画ですよね。

それでは失礼します。
プロフィール

基井あゆむ

Author:基井あゆむ
美少女や美青年やらをこよなく愛するフリーの原画家・イラストレーターです。

お仕事の御依頼などありましたら、下記のメアドまでお願いします。
連絡先⇒crash_noise●hotmail.com
(●は@に変えてください)

一週間を過ぎても返信が無い場合、迷惑メール等に紛れて削除してしまっている可能性があります。お手数をおかけして申し訳ありませんが、再度のご送信をお願いいたします。

☆原画を担当しています☆
ピュアソングガーデン 2017.6.30 Live Start!
イラスト
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
カテゴリー
リンク
p.p.c
PPQ
QR
ブログ内検索
RSSフィード
生存報告
PULLTOP公式コミュニティ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。